レジにて半額(ブログ版)

<   2009年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧




チラシコレクション

六善光寺同時御開帳の各お寺さんのチラシをスキャナーで取り込んだものです。
(画像をクリックすると拡大表示します)

[信州善光寺]
b0107691_4525846.jpg

b0107691_4535238.jpg

[甲斐善光寺]
b0107691_454268.jpg

b0107691_4543986.jpg

[元善光寺]
b0107691_4551788.jpg

b0107691_4552845.jpg

[善光寺東海別院]
b0107691_4555770.jpg

b0107691_456742.jpg

裏面別バージョン
b0107691_5171896.jpg

[岐阜善光寺]
b0107691_4563422.jpg

b0107691_4564332.jpg

b0107691_4565260.jpg

b0107691_45728.jpg

[関善光寺]
b0107691_4572779.jpg

b0107691_4573835.jpg

[六善光寺]
b0107691_458190.jpg

b0107691_4581476.jpg

[PR]



by Lautan | 2009-04-29 08:01 | 六善光寺御開帳2009

善光寺めぐりのお土産

善光寺
一和・黒 竹炭黒胡麻バウムクーヘン 1155円
b0107691_62974.jpg

食べてみると、ほのかに胡麻の味がするしっとりしたお菓子でした。
b0107691_6291874.jpg

八幡屋磯五郎 七味唐辛子[中辛]  御開帳記念缶 380円
b0107691_629278.jpg



名古屋
大名古屋サワー 250円
b0107691_6293725.jpg

[PR]



by Lautan | 2009-04-29 08:00 | 旅行記・お出かけ

帰り道 豊田IC-横浜町田IC

帰り道は一般道を通って豊田まで来て、ここで日帰り入浴施設に寄り、その後豊田ICから東名高速道路に入り横浜町田ICで降りました。(休日割引1250円)
途中休憩したのは、富士川SA。ここは道の駅「道の駅富士川楽座」を併設していて、この施設は一般道の駐車場からも利用できます。
マクドナルドが有ったので、ここにYahoo!のアクセスポイントが有ればインターネットにアクセスできると思ったのですが、残念ながらないそうです。
b0107691_3482983.jpg

その後、鮎沢PAで仮眠。ここはPAの割りには駐車場が広く、仮眠するには良い場所だと思ったのですが、大型トラックの運転手もちゃんと知っていて(当たり前か)、大型トラックで満車状態。
大型トラックはアイドリングストップをしないものがある(保冷車などは出来ない)ので、駐める場所によっては結構うるさかったです。普通車の駐車場は空きがありました。
写真は翌早朝鮎沢PAから撮った富士山の写真です。(画像をクリックすると別窓で拡大表示します。)
b0107691_3533410.jpg

[PR]



by Lautan | 2009-04-28 16:00 | 旅行記・お出かけ

文化資料館 からくり展示館

犬山城の入場券で、文化資料館とからくり展示館にも入れます。
両館は、針綱神社前から伸びている道をまっすぐ行った少し先の道の両側に建っています。
ここは犬山城の入場券で見ることができます。
b0107691_3112367.jpg

目立つ格好をしているのが、文化資料館。何となく兜をイメージするような外観です。
ここは犬山祭り(針綱神社の例祭)で使用されるからくりが乗った山車を展示してあります。
犬山では山車ではなく車山と書いて「やま」と呼ぶそうです。
なお、内部は撮影禁止なので車山の写真はありません。
2台展示してあったうち1台は現役で使用されているそうです。
b0107691_3113587.jpg

道を挟んだ所にあるからくり展示館は撮影可でした。からくりや車山のミニチュアなどが展示してあります。
b0107691_3114484.jpg

車山の上部には、このようなからくり人形が付き動きます。
b0107691_3115463.jpg

ちょうど小学生の社会見学が行われていたので館の方がからくり人形を出してきて説明をしていました。
b0107691_312497.jpg

[PR]



by Lautan | 2009-04-28 10:30 | 旅行記・お出かけ

針綱神社 三光稲荷神社

針綱神社
針綱神社と三光稲荷神社は犬山城への登り口に並んで建っています。
元々、針綱神社は現在の犬山城が建っている辺りに有ったそうですが、それが移動して、犬山城が建設されたそうです。
毎年行われる犬山祭りは、針綱神社の祭礼です。
(参考)犬山祭

針綱神社の説明板(画像をクリックすると別窓で拡大表示します。)
b0107691_19402865.jpg

b0107691_19403997.jpg

桃が描かれた絵馬が有ったので、どういう由来なんだろうと思っていました。
b0107691_19415746.jpg

そうしたら、こんな立て看板が....。
b0107691_19414086.jpg



三光稲荷神社
針綱神社の隣にある神社。朱塗りの鳥居が目立つ。
b0107691_1943234.jpg

境内は階段で針綱神社と繫がっています。
b0107691_19431378.jpg

[PR]



by Lautan | 2009-04-28 10:00 | 旅行記・お出かけ

犬山城(3) 天守閣からの眺め

犬山城天守閣からの眺めをいくつか掲示します。
b0107691_1834132.jpg

モンキーパークの観覧車
b0107691_1845147.jpg

名鉄犬山線
b0107691_1852979.jpg

その犬山線の犬山遊園駅から動物園駅まで結ぶ名鉄犬山モノレール線
b0107691_1854187.jpg

一番高い山の上に木曽城が見える...というのですが、分かりません。
b0107691_1891014.jpg

こちらは山の向こう左側に名古屋駅前の高層ビルが薄ぼんやりと見えます(?)
b0107691_1871792.jpg

[PR]



by Lautan | 2009-04-28 09:10 | 旅行記・お出かけ

犬山城(2)

天守閣からの眺め 下を流れる川は木曽川
b0107691_1720429.jpg

b0107691_17205530.jpg

屋根瓦の上に桃の形をした瓦が乗っていました。魔除けだそうです。
b0107691_17211159.jpg

天守閣最上階、歴代城主の絵や写真が並んでいます。(2004年まで個人所有でしたが、現在は財団法人犬山城白帝文庫が所有し、城主はいません。)
b0107691_17212195.jpg

城の内部(一階)、石垣が剥き出しになっていました。
b0107691_17212877.jpg

犬山城の沿革
犬山城は天文6年(1537年)に織田信長の叔父にあたる織田与次郎信康によって造られました。戦国時代なので、その後何代も城主が代わりましたが、1600年(慶長5年)の関ケ原合戦の頃を中心に、城郭は整備されていきました。
 小牧長久手合戦(1584年)の際には、豊臣秀吉は大阪から12万余の大軍を率いてこの城に入り、小牧山に陣をしいた徳川家康と戟いました。江戸時代になり、尾張藩の付家老、成瀬隼人正正成が元和3年(1617年)城主となってからは、成瀬家が代々うけついで明治にいたりました。
 明治4年(1871年)9代目成瀬正肥のとき廃藩置県で廃城となり、櫓や城門など天守閣を除く建物はほとんど取り壊されてしまいました。
 明治24年の濃尾震災で天守閣の東南角の付櫓など、ひどく壊れました。それを修復する条件で再び成瀬家所有の城となりました。その後、伊勢湾台風でも被害を受けましたので昭和36年から昭和40年(1965年)まで4年間かけて解体修理がおこなわれました。
 昭和10年(1935年)国宝に、昭和27年規則改正にともない改めて国宝に指定されました。
 国宝の犬山城、彦根城、姫路城、松本城の四城のなかでも、最も古い城であります。
 平成16年4月、財団法人「犬山城自帝文庫」が設立され、城の所有者は個人から財団法人になりました。
(犬山城で貰ったパンプレット「国宝 犬山城 別名 白帝城」より)
b0107691_17213567.jpg

従来、金山城を移築したという説が有りましたが、上の文章にある解体修理時に移築した痕跡が無かったことから、現在では移築ではなかったと考えられているそうです。


帰りは犬山市のマスコットキャラクターわん丸君がお見送り
b0107691_19253615.jpg

(参考)わん丸君の部屋
[PR]



by Lautan | 2009-04-28 09:00 | 旅行記・お出かけ

犬山城(1)

朝8時半頃に犬山市体育館前の駐車場に着きました。駐車料金は1日200円(だったと思います。領収書を持って帰ってきたと思ったのですが...)。
駐車料金の領収書を車のダッシュボードに掲示するように書いてありました。
(google地図)
犬山城の開館時間は朝9時からなので、周囲を散策しながら歩いていけばちょうど良いくらいの時間だろうとお城目指してゆっくり歩き出します。
犬山城前観光案内所の所を曲がって、「国宝 犬山城」と書いた石碑の所から登り始めます。道は石がゴツゴツしていてかなり歩きにくいです。後で気がついたのですが、少し遠回りでも針綱神社の境内の階段を上った方が歩きやすいです。
b0107691_16444320.jpg

写真は針綱神社の鳥居。隣の三光稲荷神社の赤い鳥居の所に「犬山城近道」と書いてあるけれど、針綱神社の境内を通った方が良いと思います。もちろん私は帰りに針綱神社にお参りをしてきました。
b0107691_16445679.jpg

針綱神社を通っても石がゴツゴツする道を歩かなくてはいけませんが、歩きにくい所は大分少なくなります。
b0107691_1645690.jpg

大分時間を掛けて歩いたものの、結局9時少し前に着き、9時になるのを待っていたら、もう入場出来ますと入場券を販売してくれました。
b0107691_16451513.jpg


b0107691_1645257.jpg

城内の階段は梯子のように傾斜がきつくなっています。
上り下りで別になっているのが救いですが、混雑時は大変でしょうね。
b0107691_16453221.jpg

[PR]



by Lautan | 2009-04-28 08:30 | 旅行記・お出かけ

平成記念公園日本昭和村

道の駅日本昭和村が併設された施設ですが、道の駅は添え物といった感じ。入園料は大人800円。明治村のように有名な建物を移築保存しているというわけではなく、昭和っぽいレトロな雰囲気を持った建物や風景を「売り」にした施設です。平日のせいか午後3時過ぎのせいか、園内は閑散としていました。これでは採算が合いそうもないですが、空いているので私はリラックスして園内を廻りました。特に解説無しで(詳しい解説も出来ない)撮った写真を掲示します。
(google地図)
b0107691_1629578.jpg

赤いポピー。こんな鮮やかな赤のポピーは始めてみました。
b0107691_16361815.jpg

葱坊主。
b0107691_16412110.jpg

走るスイカ。
b0107691_16363611.jpg

菜の花畑。あーのんびりします。
b0107691_16362714.jpg

蝶ネクタイが取れてしまった白鳥さんもいますね。
b0107691_16364453.jpg

ラマ
b0107691_16365415.jpg

寝ころび兎。
b0107691_1637265.jpg

[PR]



by Lautan | 2009-04-27 15:00 | 旅行記・お出かけ

六善光寺 御開帳 関善光寺

六善光寺 同時御開帳めぐりもいよいよ最後の宗休寺です。
このお寺の名前は宗休寺ですが、長野の善光寺と同じ一光三尊阿弥陀如来を祀り、別名関善光寺と呼ばれています。
全国善光寺会会員紹介関善光寺 宗休寺によれば。
本堂は、寛政10年(1798)4月信州大勧進等順大和尚が当山に出開帳されたのが縁で、本山信州善光寺堂を模して約10カ年費やし建立されました。東京上野輪王寺門跡公澄親王の御念持仏、一光三尊善光寺如来を御分身として迎え、本堂御本尊として安置し、7年目毎に大開帳を執行して55回に及んでいます。
(google地図)

岐阜善光寺からしばらく長良川沿いの道を走り、関善光寺に向かいます。関善光寺の駐車場はそう広くありません。観光バスでやってくる人たちもいて、バスが着くと一時期境内は混み合います。
本堂は駐車場の上、石垣の上にありました。

b0107691_16153052.jpg

写真のような階段を上っていきます。距離はそう長くはありません。

b0107691_16154525.jpg

六善光寺 御開帳 回向柱(2)の項でも書いたように、ここは境内に5本の回向柱が立っています。過去使った回向柱を捨てないで、御開帳の度に使っているのだそうです。
写真一番手前の柱がもっとも古い柱、そこから2本並んだ回向柱に綱(布をまとめたもの)が渡され、ここで右の大仏殿前の回向柱と左の本堂前の回向柱にそれぞれ結ばれています。

b0107691_16155657.jpg

境内の図、本堂の方が少し引っ込んだ作りになっています。(画像をクリックすると別窓で拡大表示します)

b0107691_1616656.jpg

本堂内に入る綱。本堂はこの写真のように紙で造られた花で飾られていました。

b0107691_16161358.jpg

大仏殿内に入る綱。ここも写真のように紙で造られた花で飾られていました。大仏殿内にも飾りがあって目を引きます。
b0107691_16162199.jpg

大仏殿の説明板
b0107691_16162915.jpg

ここも、お戒壇巡りを行っていて、「日本に唯一の卍階段」だそうです。

b0107691_16164034.jpg

300円払うと手に蛍光インクで卍印が描かれたシールを貼ってくれます。

b0107691_161649100.jpg

通路は真っ暗ですが、曲がり角々に暗い豆電球が点いているので、曲がり角が有ると言うことだけは分かります。また、錠前の近くは少し灯りが点いているので、錠前の位置は分かりやすいです。
卍型といっても実際巡ってみると?と思ってしまいます。帰ってきてからWEB検索してみると以下のような記事がありました。
宗休寺 別名、関善光寺。謎の卍戒壇の正体は?
ただし、上のブログ記事で「本堂」としてあるのは大仏殿で、本堂はお戒壇巡りをする建物の方です。今回開帳されているご本尊もこちらにあります。上記ブログは御開帳されていない時に行ったので何か勘違いされたのでしょう。
[PR]



by Lautan | 2009-04-27 12:00 | 六善光寺御開帳2009

興味のある物色々。賞味期限切れで廃棄されないよう気をつけます。
by Lautan
プロフィールを見る
画像一覧

にほんブログ村に参加しました

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ

最新の記事

最新のトラックバック

venushack.co..
from venushack.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
鳥取砂丘に’おとぎの国’..
from ローカルニュースの旅

以前の記事

2017年 12月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

検索

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧