レジにて半額(ブログ版)

<   2006年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧




血液さらさら

2006/8/30放送のNHK「ためしてガッテン」は500回記念。血液サラサラ特集。
お客さんを装ったスタッフが怪しげなバーゲン会場に潜入して、イベントとして行われている無料の血液検査を受けます。
採った血をを顕微鏡で見ると、あれ赤血球がくっついている。血液がどろどろで危ないと説明員が脅かします。
次に金属製のブレスレットをしてから再度血を採ると、今度は赤血球がバラバラだ。
このブレスレットの効果なのでしょうか?お値段何と30万円だそうです。


実は、赤血球は元々くっつく性質を持っていて、顕微鏡で見るためにプレパラートの上に多めに血を載せると赤血球がくっつき、少なめに載せるとバラバラになるんだそうです。
あれー、今頃この番組を観て30万円損した!と思った人が日本中で、至る所にいるのかなあ?
[PR]



by Lautan | 2006-08-30 21:11 | プチ蘊蓄 | Comments(0)

コメディー 旅客機爆破テロを阻止しろ!

はい、みなさん、またお会いしましたね。

今日の映画は旅客機を爆破しようとするテロリストとそれを阻止しようとする、英米の政府機関のお話です。

テロリストがイギリスからアメリカに向かう旅客機を自爆テロで爆破しようとします。
警備をくぐり抜けて旅客機に乗り込むために、ペットボトルに溶液を詰め込んで、機内で2種類の溶液を混ぜ合わせ過酸化アセトン(TATP)を作成し、それを電子機器をショートさせて火花を散らせて爆発させようとします。

怖いですねえ。それをイギリスの情報部が少ない手がかりを元にテロリスト達を追い詰めて、とうとう最後にはテロリストを捕まえます。手と汗を握るスリルとサスペンスの物語です。

ここまでが前半です。後半は一転してコメディーになります。

TATPはバス爆破テロなどに使われている手軽な爆弾ですが、TNT火薬の3割ほどの威力しかありません。
バス爆破テロで、犯人は5,6kgのTATP爆破させました。死傷者は出ましたがバス自体はガラスが割れる程度の被害状況でした。
ペットボトル程度の量では、果たして旅客機を落とすほどの威力があるかどうか?
しかも、原料をただ混ぜ合わせるだけでは沈殿に時間がかかり、製造が完了する前に目的地に着いてしまいます。電熱器で熱すれば反応が早くなりますが、不審がられてばれてしまうでしょう。
と言うわけでテロの実現性は恐ろしく低かった訳です。自爆する覚悟の割には間抜けなテロリスト達です。

前半はスリラー、後半はコメディーと2度美味しい、2006年制作の、英米合作の怪作です。

それでは、みなさん、また、お会いしましょう、さいなら、さいなら、さいなら。
TATPの特性については日経産業新聞(2006/8/28付9面)「英旅客機爆破テロ計画」を参考にしました。
[PR]



by Lautan | 2006-08-29 22:01 | ニュースな物 | Comments(2)

無くなってはいません

「笑点」で好楽師匠が「冥王星が無くなっちゃったんで」と言っていましたが、いや、無くなったんではなくて、「惑星」では無くなったというだけなんですよね。
いわば、今まで「国宝」だったものが「重文」に格下げになったようなものです。
冥王星は、1930年2月18日にアメリカのクライド・トンボーによって発見されて以来、長い間「惑星」として扱われてきましたが、近年の観察技術の向上で惑星と言うには小さすぎることが分かってきました。何しろ地球の月よりも小さいのですから。
冥王星を「惑星」として残すためには、少なくとも2つの小惑星を「惑星」に格上げしないと釣り合いが取れません。冥王星は、アメリカ人が発見した唯一の惑星なので、政治的な配慮が有ったのかもしれません。しかし、後2つないしは3つの小惑星を惑星に格上げする案は無理があると退けられ、冥王星の格下げが決まったのです。妥当な判断だと思います。
過去のSF小説で冥王星を「惑星」と扱ってきたものは、「誤り」になってしまいますが、それはSF小説の宿命なので仕方がないでしょう。
ディズニーのミッキーマウスの飼い犬「プルート」の名前は「冥王星」(の発見)にちなんで付けられたということです。今回の報道で知りました。
[PR]



by Lautan | 2006-08-29 02:15 | ニュースな物 | Comments(0)

おつかれサマー

b0107691_13303361.jpg


昨日、横須賀(神奈川県)に行ったときに見かけたプロレスのポスター。おつかれサマーというのが何とも良い力の抜け具合です。
もちろん、純ちゃんというのは小泉首相のこと。横須賀は小泉首相の地元選挙区です。
[PR]



by Lautan | 2006-08-27 13:32 | その他 | Comments(0)

残暑お見舞い申し上げます。

b0107691_1618445.jpg


うだるような暑さが続いて、ぐったりしていますが、暦上ではもう秋。何とかこの暑さを乗り切って元気に秋を迎えたい物です。
[PR]



by Lautan | 2006-08-19 16:22 | その他 | Comments(0)

ペットボトル入りお茶(その2) 

ますますExcelの話題から離れています。ブログの題名変えないと駄目かも。
そのうちExcelの話題も復活しますので、まだ題名はそのままでお許しください。


さて好評(?)につき、第2弾
b0107691_856396.jpg

キリン生茶 東北の夏祭りシリーズ。
一度行ってみたいけど、時間とお金と、人混みが心配な私は、これを見て(飲んで)行った気になってます(笑)

b0107691_8584558.jpg

横浜鶴見にある曹洞宗大本山總持寺の三門前にいた猫。やる気なさそうです。
(「三門」は誤植ではありません)

總持寺については、私のサイト([レジにて半額])をご覧ください。
[PR]



by Lautan | 2006-08-13 08:59 | 食べ物・飲み物 | Comments(2)

馬鹿除け(ばかよけ)


埼玉県ふじみ野市の市営プールで小学2年の女の子が、柵が外れた吸水口に吸い込まれて死亡しました。
安全なシステム(コンピューターシステムに限らず)を作るときは次の3点に気をつけろと良く言われます。すなわち、

フェイルセーフ
リダンダンシー
フールプルーフ

です。

フェイルセーフ(fail safe)--適切な日本語訳は知りません--とは、人間は間違いを犯す者だと言うことを前提に、間違いが起こっても安全側に転ぶような仕組みにすることです。今回で言えば、柵がはまっていなければ水が循環しないような設計にするなどでしょう。

リダンダンシー(Redundancy)--冗長性、あるいは多重防護--今回の事故で言えば、柵を2重にして、一つが外れてももう一つでブロックする仕組みにすることですね。

フールプルーフ(fool proof)--馬鹿除け--馬鹿が触っても大丈夫な仕組みにすること。
ふじみ野市のプールの柵は針金で止めてあったそうである。その針金が腐食したか何かで柵が外れて今回の事故が起こりました。ではなぜボルトで固く留めていなかったかというと、

事故があった流水プールに全部で6枚あった吸水口のさくの四隅のネジ穴の位置が、さくごとにずれていたことが埼玉県警の調べで分かった。県警は、プールの清掃などでさくの取り外しを繰り返すうちに、プール壁面とさくのネジ穴が一致する元々の位置がわからなくなり、固定するため針金を使うようになったとみている。
調べでは、86年7月のプールの開業にあたり、吸水口にさくを取り付ける際、寸法を合わせずにさくの四隅にドリルで直径3.5ミリの穴を開けて、ネジで固定したという。そのため、穴の位置はさくごとに微妙にずれていた。(asahi.com 2006年08月04日13時21分)

というのです。このプールの運営を市から委託されていたのは「太陽管財」(「京明プランニング」に丸投げ)と言う会社ですが、2000年には、「太陽管財」では無い別の管理会社が運営業務を落札して、その時は前年に針金止めされていた柵をボルト穴の位置が合うように正しい組み合わせにしてボルト止めにしたそうです。
私が現場で作業してもそうするでしょう。いやこれは自慢で言っているのではなく、それは仕事だと思って当たり前のようにするはずです。「普通」そうですよねぇ。
つまり、「太陽管財」や「京明プランニング」は普通の仕事をしない、いわば「馬鹿」だったのでしょう。
「馬鹿が触っても大丈夫」なようにプールの柵のボルト穴の位置は皆同じにしておく必要がありました。そうすればいちいちボルト穴を合わせてみる必要はないし、「馬鹿」で無い普通の人の作業もラクになります。
最初に柵の取り付けをした工事業者もやはり「馬鹿」だったのでしょう。


そういう意味では、柵の施工をした会社にも責任があるので、再発防止のため会社名の公表くらいしても良いと思います。
まあ、最も「馬鹿」なのは管理していなかった行政側なのでしょう。
[PR]



by Lautan | 2006-08-09 23:06 | ニュースな物 | Comments(2)

興味のある物色々。賞味期限切れで廃棄されないよう気をつけます。
by Lautan
プロフィールを見る
画像一覧

にほんブログ村に参加しました

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ

最新の記事

最新のコメント

季節感ある背景、いいです..
by る。 at 18:11
お久しぶりです。お元気で..
by Lautan at 21:48
お久しぶりです。 昔ハ..
by 元なんちゃってリーダー at 20:22
コメントありがとうござい..
by Lautan at 22:08
もうExcel2016が..
by る。 at 20:47
こちらの記事はかわいい写..
by る。 at 11:30
かまくら焼肉リベンジに是..
by る。 at 11:26

最新のトラックバック

venushack.co..
from venushack.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
鳥取砂丘に’おとぎの国’..
from ローカルニュースの旅

以前の記事

2017年 12月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

検索

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル